アジュガ

アジュガ
散歩道で初めて見つけた花です。調べてみると、十二単の園芸品種らしいです。花がキランソウに似ているので、調べるのは容易でした。別名はセイヨウキランソウとも呼ばれているようです。
スポンサーサイト

キショウブ

キショウブ
アヤメ科。学名のなかのアイリスはギリシャ語で虹の意味です。ゴールデンウイークの頃、散歩道の途中にある横池で美しい花を咲かせます。日本全国の水辺や湿地で野生化しています。現在では拡散が問題となっており要注意外来生物です。

マツバウンラン

マツバウンラン
ゴマノハグサ科。海辺に生えてランに似た花を咲かせて、葉が松葉のように細いので、この名がつけられたようです。スズメノエンドウの茂みから顔をのぞかせています。ゴールデンウイークの頃にはたくさん咲いていることでしょう。

タニギキョウ

タニギキョウ
タニギキョウだと思うのですが、花弁がもう少し細いイメージだったので心配です。葉はタニギキョウそのものだと思います。ごく小柄で、柔らかい草です。キキョウ科。山間部の森林の木陰に生えます。倉田山中学校を囲む林の中に咲いていました。

キランソウ

キランソウ

散歩道で、たくさん咲き始めました。「き」は紫の古語で「らん」は藍色の意味で、花の色から名づけられたとも言われています。別名はすごいです。地獄の釜の蓋ともいうそうです。シソ科。弘法草とも言います。弘法大師がこの草が風邪薬や高血圧の薬になることを教えたことかららしいです。
プロフィール

いずみちゃんです

Author:いずみちゃんです
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー